読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唯と阿と相い去ること幾何ぞ

あらゆる競争原理から降りて、何も無くって、おだやか。

なぜ1,200円のゲームは「高い」のか(スーパーマリオ ラン)

1,200円のゲームを指して「値段が高い」とお子様たちが大騒ぎしていたようです。そもそも高いか安いかは「感じ方」の問題なので、正しいも悪いもありません。しかし、なぜスマートフォンのゲーム市場において、パッケージングされた買い切り型のゲームが「高い」と批判されてしまうのか、その構造を考えてみたいと思います。

スーパーマリオ ラン

そもそもの発端は任天堂スマートフォンタブレット向けに展開したゲーム「スーパーマリオ ラン」でした。
supermariorun.com
1,200円で買い切り型のゲームとしてリリースされた「スーパーマリオ ラン」ですが、この値段に対して多くの意見があったようです。

  • 面白ければ3,000円でも課金するけど、買い切り型のゲームに1,200円はだせない。
  • いやいや、パッケージングされたマリオのゲームとして1,200円は破格の安さ。
  • いや、これは値段の問題ではなく、売り方(提示のする方法やタイミング)の問題だったのだ。
  • むしろ、値段以外に文句のつけようがなかったということ。

様々です。

ゲーム人口とは

任天堂はながらく「ゲーム人口の拡大」を事業の基本戦略に据えています。ゲーム人口とはなんでしょうか。

「知ってる知ってる! 俺もゲーム大好きで、ヤフオクでゲームハードを安く買って、ゲームソフトも中古でたくさん買って遊んでるぜ。年に100本以上は遊んでるかな」
果たして彼は「ゲーム人口」にカウントされるでしょうか?
彼はヤフオクやゲーム中古ショップのお客様ではありますが、残念ながらゲーム産業のお客様ではありません。

任天堂は事業としてゲームを開発して販売しているわけですから、任天堂にとって「ゲーム人口」とは即ち「ゲームコンテンツに魅力を感じてくれて、しかるべき対価を支払ってくれる人たち」なわけです。

任天堂は「ゲームコンテンツに対価を払ってくれる人」を増やすべく頑張っているのです。

負けて悔しいから課金する人はゲーム人口たりえるか

一方、スマートフォンゲームで課金するひとの多くは「負けて悔しいから」「もっと勝ちたいから」「友達に自慢したいから」お金を使うわけですが、それはゲームというコンテンツに魅力を感じているわけではなく、一時的な感情を満たすことにお金を使います。

そういう意味では、彼らは「ゲーム人口」にカウントされていないひとたちなのです。

まとまらない

だからこそ、任天堂はゲーム人口を拡大するべくゲーム人口のいない市場(スマートフォンのゲーム市場)に打って出たわけです。ゲームそのものに魅力を感じていないひとにとってみれば、それが100円でも「高い」となるのは分かりきったことで、任天堂にしてみれば織り込み済みだったのではないだろうかと思うのです。

  • 任天堂はゲーム人口(ゲームコンテンツに対価を払ってくれるひと)を増やすべく頑張っている。
  • スマートフォンのゲームで遊ぶ人の多くはゲームそのものに魅力を感じているわけではなく、一時的な感情を満たすことに対価を払う人たちである。
  • ソレに魅力を感じないひとに、然るべき対価を支払ってもらうのは並大抵のことではない。
  • それでも任天堂はゲーム人口を拡大させるべく、ゲーム人口のいないマーケットに打って出た。

だから、高いとか安いとか売れたとか売れないとか大騒ぎしているお子様たちは、ちょっと視点が浅はかなんじゃないかなぁと思うのです。

さて、みなさんはどうお考えでしょうか。